かんたん工事写真帳バージョンアップ履歴1|工事写真のアプライドオプト

工事写真, 写真帳, 写真管理, 工程表, ソフト, 写真加工, 電子納品 工事写真, 写真帳, 写真管理, 工程表, ソフト, 写真加工, 電子納品 工事写真, 写真帳, 写真管理, 工程表, ソフト, 写真加工, 電子納品 工事写真, 写真帳, 写真管理, 工程表, ソフト, 写真加工, 電子納品 工事写真, 写真帳, 写真管理, 工程表, ソフト, 写真加工, 電子納品 工事写真, 写真帳, 写真管理, 工程表, ソフト, 写真加工, 電子納品
 HOME>かんたん工事写真帳>バージョンアップ履歴1

「かんたん工事写真帳」バージョンアップ履 歴
更新履歴>>10 9  8 7 6 5 4 3 2 1
<2000・04・13 ver1.01市販開始>

2000・ 04・28Ver1.04
?印刷部分のプログラムを全面改定し、信頼性を向上させました
?よく使う語句を予め登録し、それから選択入力できるようにしました
?サンプル版でもサンプル印刷が10回までできるようにしました
2000・ 05・02Ver1.06
?≪プリンターの設定≫画面を2回目以降も表示させるようにしました
?印刷位置調整機能を追加しました
2000・ 05・10 Ver1.07
?印刷フォント MS明朝とMSゴシック選択可能としました
2000・ 05・23 Ver1.08
?型式がEPSON 2000C(ドライバー VER4.05)のプリンターでA3袋とじ
  印刷ができるようにしました
2000・ 05・25 Ver1.09
?≪印刷モード選択≫画面の設定状態をすべて記憶するよう変更し、
   次回開いた時は以前の設定状態が表示されるようにしました
2000・ 06・01 Ver2.01
?≪環境設定画面≫の【データー保存場所】の入力方法改訂今まで
   は直接入力だけでしが、参照入力も可能にしました

?≪工事写真帳作成≫サブ画面に写真を貼り付けた時の自動入力


   機能を追加し、≪環境設定画面≫でいずれのオプションで動作さ
   せるか設定できるようにしました。

   No欄
      ・何もしない  ←従来はこの動作のみでした
      ・No.1、No.2、No.3と自動的にナンバリングしてゆく
      ・Noの横にファイル名を付加
          (例:K10.jpgを貼り付けた場合 No.K10)

   タイトル欄 
      ・何もしない  ←従来はこの動作のみでした
      ・拡張子を除いたファイル名を自動入力

?スピードアップを計りました
   《従来》
   今までは都度元の写真ファイルを読み出し処理してきました。
   しかしながら1280x960ピクセル(約120万画素)と云った
   画素数の多い写真を扱おうとするとB画面の≪アルバム内容
   表示≫サブ画面や≪工事写真帳作成≫サブ画面に多数の写真
   を表示しようとした時や頁切り替えの時に時間が掛かり、また
   ≪アルバム内容表示≫サブ画面から≪工事写真帳作成≫サブ
   画面への写真のドラッグ&ドロップもぎこちない動きをして
   いました。

  《改造後》
   アルバムファイルを作成する際、画素数の多いファイルについ
   ては、表示用として画質の低下が問題ない所まで画素数を落と
   したファイルを複製して、それを保存することにしました。
   (例えばc:\工事写真帳データーが工事写真帳のデーターを
    保存する場所と指定してあり、そこに aa.albumというファ
    イルを保存するよう指定した場合には、そのファイルを作成
    して保存する際に、c:\工事写真帳データー\aaというディ
    レクトリーを自動作成し、そこに画素数を落としたファイル
    を保存することにしました)

  (この際、従来よりも時間がかかりますが、それはアルバムフ
    ァイルを作成する1回限りのことです。)

  そしてB画面で多数のデーターを表示したり移動する場合には、
   画素数を落としたファイルが存在する写真についてはそのファ
   イルを読み出して表示し、そうでない写真については元のファ
   イルを表示させることにより、高速化を計りました。

  なお、拡大表示や印刷の場合にはどの写真も元のファイルから
   写真データーを読みとるようにしています。

   又、≪環境設定画面≫で低減画素数は設定されており、標準は
   3万画素です。変更もこの画面で可能です。

? アルバムファイルや工事写真帳ファイルの削除機能の追加


   上記のように画素数を減らしたファイルも作成されてディレクト
   リー構造が複雑とないましたので、【ファイル】メニューの中にアルバムファ

   イルや工事写真帳ファイルの削除のメニューを追加しました。


2000・ 06・08Ver2.03

?≪工事写真帳作成≫サブ画面に【工事写真帳表紙印刷】ボタンを


   追加しました。

これをクリックすると工事写真帳の表紙を印刷


   することができるようにしました。
   そのためには【補助】?【環境設定】をクリックすると表示される

   ≪環境設定≫画面で、工事写真帳表紙印刷用ワープロ実行ファイル


   名が、その画面に表示されている説明文に従って設定されていなけ
   ればならなりません。
   Word か 一太郎の実行ファイル名をそこで設定します。

   【工事写真帳表紙印刷】ボタンをクリックすると、Wordの実行ファ


   イル名がそこで設定されている場合には 表紙印刷用フォームである
   表紙.docファイルを開いた状態で Word が立ち上がります。 
   一太郎の実行ファイル名がそこで設定されている場合には表紙印刷
   用フォームである 表紙.jtd ファイルを開いた状態で一太郎が立ち
   上がります。

  それらワープロソフトで、文面を編集(ワープロソフトの具備する
   多用な機能により自社ロゴの貼り付け等多様な編集が可能です)
   の上、工事写真帳の表紙を印刷印刷します。

  なお、表紙.docや表紙.jtdなどの表紙印刷用フォームは、データー
   保存場所のサブディレクトリーとして\表紙フォームが自動的に
   作成されて、そこに保存されます。  

?≪工事写真帳作成≫サブ画面に【写真帳No振り直し】ボタンを追加し


   ました。
   これをクリックするとNo.1、No.2、No.3・・・と1から写真が貼り付
   けてない所を飛ばして番号が振り直されます。
2000・ 07・17 Ver2.07

?≪工事写真帳作成≫サブ画面の3枚の写真のいずれかを右クリックす


    ると、【写真挿入】【写真削除】【ページ挿入】【ページ削除】の
    4つのメニューが表示されるようにしました。
    いずれかのメニューを選択すると、それに応じた処理が、写真に付
    属するデーターをも含めてなされます。
?B画面左側と同じような様式でA4用紙に写真を複数まし印刷できるよ
   うにしました。
   A4用紙1枚当たりの写真枚数は 2枚、3枚、8枚、18枚、32枚、45枚、
   60枚、84枚、104枚のいずれかに選択します。
   タイトルも付けることができます。
?≪アルバム内容表示≫サブ画面に写真表示枚数切替ボックスを設け、
    下記の4つの枚数のいずれへも切り替えできるようにした。
      ・画面解像度が800x600ピクセルの場合  12枚,20枚,35枚,48枚
      ・画面解像度が1024x768ピクセル以上の場合 15枚,28枚,45枚,60枚
    又、このサブ画面に表示されるファイル名の文字サイズと上下方向
    の位置も環境画面で変更できるようにしました。
    従いまして、本サブ画面の写真表示枚数・文字サイズと上下方向位
    置は、色々と変更して試して頂き、お好みの値に設定して頂くこと
    が可能になりました。
    一旦設定すれば、PCに記憶されていますので、再設定の必要はあり
    ません。
?≪アルバム作成≫サブ画面の【削除】ボタンは、従来はクリックする
   毎に削除できるのは1行だけでしたが、予めマウスドラッグで複数行
   を指定しておけば、それらが1度に削除できるようにしました。 
?≪印刷モード選択≫画面に下記の選択項目も追加しました。
  【写真縦横比】
    ・横4:縦3
    ・実写真通り
       ・・・・ いずれかを選択します
<補足説明> 
      今まではどの写真も横4:縦3(横幅119mm、高さ89mm)で画像を
      印刷してきました。
      しかしながら、デジカメの画像は4:3比率のものが主流です
      が、35mmフィルムの元画像は3:2です。フィルムスキャナな
      どで取り込んだ画像やトリミングして4:3以外の比率になっ
      た画像もあります。
      これに対処するため上記の選択ができるようにしました。
      "横4:縦3"を選択した場合には、従来通りのサイズで印刷しま
      す。"実写真通り"を選択した場合には、横幅119mm、高さ89mm
      の図枠の中で最大サイズで実写真の縦横比通りに印刷します。
  
      なお、今まで本ソフトはJPEGの基本DCT(ブラウザ上ではイメー
      ジを上から表示してゆくタイプ)だけに対応しておりましたが、
      JPEGのもう1つのタイプであるプログレッシブDCT(全体をぼ
      やけさせながら徐々に表示してゆくタイプ)には対応してい
      ないというバグを見つけましたので、今回それも修正しました。

?お客様の所に於ける動作環境によっていは、工事写真帳を印刷した


  場合に、希に印刷位置が不適切であったり、写真が一部切れていた
  りすることがありました。その対策として今まで印刷位置調整機能
  として≪印刷モード選択≫画面にありました
      【印刷位置微調整】【裏面相対位置微調整】
  に加えて更に
    【写真に対するコメントの相対位置微調整】
      上下左右方向の相対位置を変えたい場合に入力値を変更
       します。標準値はいずれも0.0mmです。 
    【写真上下方向間隔調整】
       標準値は7.0mmです。 
   をも追加しました。
?今までは2つの実行ファイル(syasintyou.exeとsyasintyoumain.exe)
  を連動させて本ソフトを動作させていましたが、これをsyasin-
   tyoumain.exeただ1つに統合しました。これにより、上記のような
   機能の充実を計りましたが、ダウンロード所用時間は逆に1割程度
   短縮することができました。
?万一動作異常になった場合の原因究明を容易にするため、データー
  処理経過を自動的に記録して行く機能を追加しました。 
?オペレーションガイドの機能を充実しました。
2000・ 08・10 Ver2.08
?オペレーションガイドをより分かり易く改造しました。
2000・ 08・31  Ver2.09
(1)オペレーションガイドをより分かり易く改造しました。 
2000・09・04  Ver2.10
(1)今まで1階層であった用語登録を2階層に改造しました。
   これによって多数の用語を登録しても、容易に希望の用語が引き
   出せるようになりました。

(2)工事写真帳の右上又は中央下にページNoが印刷できるようにしま


   した。
2000・ 09・20  Ver2.11
(1)本ソフトは次第に内容も充実してきましたが、反面複雑になって
   参りました。このままでは内容は豊富であるが分かりずらいソフト
   になってしまいますので、それを防ぐ意味でオペレーションガイド
   とヘルプを一層充実させました。
   そして特に複雑な印刷関係画面、環境設定画面及び登録語句
   マスター設定画面にはヘルプボタンを配置し、それをクリックする
   と該当頁を開いた状態でヘルプファイルが表示されるように改訂
   しました。

(2)写真右下に写真の日付が表示できるようにしました。
   この表示が不要な場合には環境設定で表示不要に変更下さい。

(3)両面印刷機能のないプリンターでもA4用紙への両面印刷を確実に
   できるようにしました。
   印刷モード設定画面で
       【頁番号順に両面印刷(1頁印刷完了毎に一時停止)】
   のモードを選択すると、一枚印刷完了する毎にプリンターが一時
   停止するようにしました。
   この印刷モードを選択した場合には、1頁印刷完了毎に用紙を再
   セットし直し、次の頁の印刷へとお進み下さい。

(4)市販工事写真帳専用紙にも対応できるようにしました。
   この場合には画像の部分は印刷されなく、コメント部分だけの印刷
   となります。
   エプソンのプリンターPM2000Cの場合には一般の写真(銀塩
   写真)を両面の袋状の所に各々3枚づつ挿入した状態でプリンター
   にセットしても、問題なくコメントが印刷できました。
   関心をお持ちの方は、ご使用のプリンターではどうかお試し下さい。

(5)B画面左側の≪アルバム内容表示≫サブ画面で工事写真帳へ
   貼り付け済みの写真とそうでない写真とは区別して表示させる
   ようにしました。
   貼り付け済みの写真はファイル名が空色表示、そうでない写真
   は黒色表示されます。

(6)B画面の≪工事写真帳作成≫サブ画面で写真貼付箇所を右クリック
   した時に"移動"というメニューも表示させるようにしました。それを
   選択すると写真とそれに付属するコメントが一緒に移動できます。

(7)本ソフトで作成されるアルバムファイルと工事写真帳ファイルは今ま
   では同じフォルダーに保存していましたが、環境設定画面で別々の
   フォルダーに保存できるように変更しました。
   又、今までは半角スペースを含む保存場所は受け付けませんでし
   たが、それも受け付けるようにしました。

(8)画像低減ファイルの保存場所を下記のごとく変えました。
  <従来>
   例えば"aa.album"というアルバムファイルを保存すると、その保存
   場所に"aa"というサブホルダーを設けてそこに画像低減ファイルを
   保存していました。
   (従来はアルバムファイルの数が増えてゆくとそれと同じ数の画像
    低減ファイルを保存するサブフォルダーが作成されるので目障り
    でした)

 <変更後>
   画像低減ファイルを保存する場所をもう1階層深い所に置くことに
   しました。
   即ち、アルバムファイルを保存する場所には"画像低減ファイルズ"
   というサブフォルダーだけを設け、その下に上記の例で云えば"aa"
   という名のサブフォルダーも作成し、そこに画像低減ファイルは
   保存するようにしました。

(9)A画面で取り込む写真の保存されている場所に早くアクセスできる
   ようにするために環境設定画面に
      <A画面の写真が保存されている場所指定の表示方法>
   という新しい設定箇所を設け
     ・【マイコンピュータ以下を表示】
     ・【特定のドライブ・ディレクトリー以下を表示】
   のいずれかを選択できるようにしました。
   【特定のドライブ・ディレクトリー以下を表示】を選択した場合には
   入力箇所が表示されますので、特定のドライブ・ディレクトリーとは
   どこかをそこで指定して下さい。

(10)2階層化した登録語句の第1階層目である工種の編集機能を
   充実させました。
   ≪入力語句マスター設定≫画面の工種リストの所で右クリックす
   ると【追加】【挿入】【名称変更】【削除】のメニューが表示されるよ
   うに変更しました。

(11)登録語句の保存方法を変更しました。
   2階層化した用語は本ソフト実行時には複数のファイルにデーター
   が保存されていますが、終了時に1つのファイルにそれらのデー
   ターを集約して、本ソフトが保存されている場所に
           "工事写真帳語句マスター.txt"
   というファイル名で保存することにしました。
   本ソフト再起動時にはこのファイルから、複数のファイルがを再生
   される仕組みです。
   従って今後登録語句のバックアップをとる時は"工事写真帳語句
   マスター.txt"という1つのファイルををバックアップして頂くだけで
   結構です。

(12)今まで登録した語句はVer2.11へバージョンアップしても消えない
   で、引き継がれるようにしました。
   Ver.2.09以前のバージョンをお使いの方がこのVer2.11にバージョ
   ンアップした場合には"登録済み語句"という工種が追加され、
   そこに今までの登録済み語句が表示されるようにしました。

(13)写真帳のナンバリングは常にNo.1からでした(即ち初期値は1で

   した)が、分割して工事写真帳を作成する場合にも対応できるよ


   うにするため、初期値を設定できるようにしました。
2000・ 09・22  Ver2.11
(1)各写真の日付も変更可能にしました。
(2)Ver2.11作成時にできたバグを除去しました。
2000・ 09・27 Ver3.01
(1)入力したコメントの任意の部分の文字の色・サイズ・スタイルを変更
   できるようにしました。
   但しNo部とタイトル部はこれはできません。
2000・ 09・29 Ver3.02
(1)写真移動の方法変更
(2)Ver3.01のバグ修正
2000・ 09・30 Ver3.03
(1)コメント欄はどの行でもすぐ入力できるように変更しました。
2000・ 10・03 Ver3.04
(1)コメント欄を右クリックした時に表示される登録語句リストはマウス
  でビジュアルに高さを変更できるようにしました。
(2)バグ除去
2000・ 11・26  Ver3.09
(1)写真の横に入力したコメント(文字列)をCSVファイルに落とすことができ
   るようにしました。このファイルを介してエクセルなど他のソフトにデータ
   ーを転送することが可能になりました。
(2) ページ移動のメニューを追加しました。これを実行すると表示されている
   ページと次のページの内容が入れ替わります。
(3)A4裏面連続印刷の印刷モードを追加しました。 このモードではどのページ
   もコメントが写真の左側に印刷されます。
(4)特定の使用環境では印刷切れの現象が起きることがありましたが、今回
   その現象が起きたときにそれに対する対策の仕方を説明する画面が表示
   されるようにしました。これによってそのような時、お客様自身で対策が講
   じられるようにしました。
(5)殆どのプリンターでは問題ないのですが、エプソンPM-3300Cでだけは、各
   ページで都度停止させながら印刷するモードで 各ページでの停止動作に
   不具合がありましたので、今回ソフト開発言語を提供する会社の助言も得
   て、それに対する対策を講じました。
(6)Ver3.04でコメントのどの部分での文字列の色・サイズ・スタイルが変更
   可能なように機能アップしましたが、Windows2000の環境ではその部分で
   Error#9876 の動作エラーが発生することがありました。
   今回弊社のWindows2000の環境で入念にこのバグを除去しました。 
2000・ 12・25  Ver3.11

<工事写真帳作成>サブ画面に写真貼り付け時、ファイル名をNoの所に


自動入力するモードの場合、今まではファイル名の拡張子をも入力させて
いたのをそれを除いたファイル名を入力するように変更しました。       
2001・ 04・01 Ver3.22
《全体共通事項》
(1)本ソフトで作成した工事写真帳ファイルやアルバムファイルは元写真と共
   に指定したフォルダーにバックアップを取れるようにしました。
   この機能を使って、工事写真帳をCDやMOに入れて客先に納品できるよ
   うにしました。(但し客先では閲覧はできますが、本ソフトのライセンスを
   取得しない限り印刷はできません)
(2)エクスプローラーで本ソフトで作成したアルバムファイルや工事写真帳ファ
   イルをダブルクリックすると、そのファイルが開いた状態で「かんたん工事
   写真帳」が起動するようにしました。
(3)写真の拡大表示は従来は<アルバム内容表示>サブ画面でしかできま
   せんでしたが、<写真摘出><アルバム作成><工事写真帳作成>
   のサブ画面でもCtrl+クリックでできるようにしました。
(4)一部のプリンターで起きていた印刷不良を解消しました。
(5)ヘルプを全面的に書き換えました。
   また各サブ画面に【ヘルプ】ボタンを設けました。このボタンをクリックする
   と、ヘルプファイルのそのサブ画面に関連するページが開きます。

《A画面の<写真摘出>サブ画面での変更内容》
(1)ネットワークに繋がっている他のPC内のファイルにも容易にアクセスでき
   るようにしました。
(2)↓や↑キーを押す操作によって迅速にアルバムにファイルを追加したり、
   削除したりできるようにしました。

《A画面の<アルバム作成>サブ画面での変更内容
(1)アルバム内の写真をソートしたり移動したりできるメニューを追加しました。

《B画面の<工事写真帳作成>サブ画面での変更内容》
(1)ページの所をクリックすると希望のページへジャンプできるようにしました。
(2)<工事写真作成>サブ画面を右クリックした時に表示されるメニューに
   "複数ページ移動"のメニューを追加しました。
   又、"写真移動"メニューは"写真上下入替え"に名称変更しました。
   その上で写真を他の頁へも移動可能な"写真移動"メニューを追加しま
   した。
(3)コメントに対して検索・置換メニューを追加しました。
(4)他のPCと入力語句マスターを共用できるようにしました。
   写真を貼り付けた時、従来は入力済みのコメントが消されていましたが、
   消えないようにも環境設定できるようにした。
(5)環境設定で写真を黒色で縁取りすることもできるようにしました。
(6)入力語句マスターは変更した時に自動的にそのバックアップファイルが
   作られるようにしました。

《印刷関係》
(1)従来印刷位置の調整が結構面倒でしたが、その手間を軽減するため、
   <印刷モード選択>画面の設定値をファイルに保存したり、ファイル
   から呼び出したりできるようにしました。。
(2)銀塩写真用のA4サイズ市販工事写真帳専用紙に対しては、従来
    "頁番号順に両面印刷(1頁印刷完了毎に一時停止)"  
   の印刷モードしか選択できませんでしたが、
    "頁番号順に両面印刷(全頁連続印刷)"  
    "奇数頁のみ表面印刷"
    "偶数頁のみ裏面印刷"
   の印刷モードも選択できるようにしました。
   但し、"頁番号順に両面印刷(全頁連続印刷)"の印刷モードは両面印刷
   機能を持ったプリンターでなければ選択してはいけません。 
(3)銀塩写真用の市販工事写真帳専用紙には半分に折るとA4になる A3サ
   イズの袋とじ専用紙もあるので、それにも印刷できるよう にしました。


  Copyrights (C) 2006 Applied Opt,inc. All Rights Reserved.