iPhoneアプリ「工事写真」の操作要領

home 会社概要 製品情報 お申込み お問合せ リンク
 HOME> iPhoneアプリ「工事写真」の操作要領
ライン
普通の電子黒板入りの工事写真

 《注》こちらの場合は、追加費用は発生しません
 豆図付きの電子黒板入りの工事写真

《注》こちらの豆図付きの場合は、僅かに追加費用が発生します
iPhoneで他社製アプリを使って上掲のような電子黒板入りの工事写真を撮り、
                    それをパソコンに取り込む操作要領

<ステップ1>iPhoneへの「工事写真」アプリのインストール

下記の手順を踏んで「工事写真」アプリをインストールします。
1.iPhoneを起動し、最初の画面で App Store をタップします。
2.右上端の検索の所に工事写真と入力して検索します。
3.すると、インストールしたい「工事写真」アプリが表示されますので、そこをタップします。
4.インストールという文字が表示されますので、そこをタップします。
5.インストールが完了すると、【開く】が表示されますので、そこをタップします。
6.「"工事写真”がカメラへのアクセスを求めています。」のメッセージが表示されますので、【OK】
  をタップします。
7.ホームボタンを押し、トップ画面に「工事写真」アプリの起動用アイコンが追加されたことを確認します。

<ステップ2>iPhoneによる電子黒板入り工事写真の撮影
1.iPhoneを起動し、[工事写真]をタップして「工事写真」アプリを起動します。
2.三のマークの所をタップし、表示された画面で[設定]をタップし、その中の
  "黒板入りの写真をカメラロールに保存"をONにします。
3.カメラマークをタップします。
4.表示された画面で黒板部分をタップします。
5.黒板のすべての項目に直接入力し終えたら、【完了】をタップします。
6.被写体にiPhoneを正確に向け、黒板の位置と大きさを調節したら、カメラマークの所をタップして写真
  を撮影します。
7.上記5.6.の操作を繰り返し、写真を撮影してゆきます。
6.撮影が完了したら、三のマークの所をタップします。
7.表示されたメニューの一番上の
     工事写真帳
  をタップします。
8.工事名の一覧が表示されましたので、今回の工事名の所をタップし、その内容を確認します。

<ステップ3>iPhoneで撮影した工事写真をパソコンに取り込む
1.iPhoneとパソコンとをiPhoneに付属しているUSBケーブルで繋きます。
2.エクスプローラをクリックし、iPhoneで撮影された工事写真をパソコンに取り込みます。



《追補1》
上記<ステップ2>の5.では黒板の各項目に直接入力しましたが、下記の操作をすれば、
良く使う語句を登録しながら入力してゆくことができます。
1.例えば工事名の入力欄の右端の>マークの所をタップして、語句登録を開始します。
2.表示された画面で、右上端の+マークをタップします。
3.表示された画面で工事名を入力します。
4.入力が完了したら、右上端の【保存】をタップします。
5.表示された画面に、今入力された工事名が表示されています。
  それは、その工事名が登録語句として登録されたことを意味します。
  この語句を選択するために、そこをタップします。
6.すると、その横にレ(チェックマーク)が付きますので、それを確認した上で、左上の【黒板編集】
  をタップします。
7.以上の操作で工事名の欄に、登録した工事名が黒板に表示されました。


《追補2》
上記<ステップ3>の代わりに下記の手順でiTunesをパソコンにインストールした上で、iTunesを使って、iPhoneで撮影した工事写真をパソコンに取り込んた場合は、下記のメリットが生じます。
  ・改ざん検知機能の付いた工事写真を取り込むことができます。
  ・工種別に自動的に仕分けられた工事写真を取り込むことができます。
なお、この方法を採る場合には、上記<ステップ2>の2で設定変更した
"黒板入りの写真をカメラロールに保存"の設定をOFFに戻します。

《追補2-1》
パソコンへiTunesをインストールする手順
1)下記のホームページを開きます。 
  https://www.apple.com/jp/itunes/download/
2)表示された画面で「今すぐダウンロード」ボタンを押します。
3)画面下に【実行】ボタンが表示されたら、それをクリックします。
4)<iTunesへようこそ>画面が表示されたら、【次へ】ボタンをクリックします。
5)<インストールオプション>画面が表示されたら、その画面の設定を変更せず、直ちに【インストール】
 ボタンをクリックします。
6)<ユーザーアカウント制御>画面が表示されたら、【はい】ボタンをクリックします。
7)また、<ユーザーアカウント制御>画面が表示されたら、【はい】ボタンをクリックします。
8)<おめでとうございます>画面が表示されたら【完了】ボタンをクリックします。
9)パソコンの再起動を求めてきたら再起動します。
10)もしも<iTunesソフトウエア許諾契約>画面が表示されたら、【同意する】をクリックします。

《追補2-2》
iPhoneで撮影した工事写真をiTunesを使ってパソコンに取り込む手順
1.どのソフトも起動していない状態で、iPhoneとパソコンとをiPhoneに付属しているUSBケーブルで繋きます。
2.iTunesが既にインストールされている場合は、iTunesが起動しますので、しばらく待って、画面上部に
  □(スマホのマーク)が表示されたら、そこをクリック します。
3.すると、左側にAppの文字が表示されますので、そこをクリックします。
  (Appの文字が表示されない場合は、代わりにファイル共有の文字をクリックします。)
4.表示された画面で、右端のスクロールバーを一番下に下げます。
  すると、左下に"工事写真"のアイコンが表示されますので、それをクリックします。
5.すると、「工事写真」アプリで写真を撮影する時に入力した工事名が一覧表示されますので、今回の
  工事名の所を選択した上で、右下の【保存先】をクリックします。
6.表示された画面で、パソコンの中の保存先のフォルダを選択した後、画面下にある【フォルダーの選択】
  をクリックします。
7.以上の操作で、iPhoneからの写真の取り込みが終了しましたので、右上端の×をクリックして、iTunesを
  終了させます。

《追補3》
電子小黒板に豆図も掲載したい場合は下記の操作をします。
1.チケットの購入  《お断り》その部分だけは追加費用が発生します。
1-1.「工事写真」アプリを起動し、<黒板編集>画面のフリーエリアにある【画像添付】をクリックします。
1-2.<チケット購入>画面が表示されますので、
     30日/360円を購入
    365日/3500円を購入
  のいずれかをタンプします。
1-3.パスワードを入力する画面が表示されますので、iPhone購入時に知らされたアプリ購入用のパス
  ワードを入力の上、【購入する】をタップします。
1-4."完了しました"のメッセージが表示されますので、【OK】をタップします。


2.電子小黒板に豆図を表示させる操作要領
下記の手順を踏んで操作してください。
2-1.ホームボタンを押し、いつも起動時に表示される最初の画面が表示されたら、【カメラ】をタップし
  ます。
2-2.予め準備し、現場に印刷して持参してきた豆図テンプレートに設計値や実測値などの文字や線など
  を手で書き加えた上で、撮影します。
2-3.「工事写真」アプリに戻り、フリーエリアの中の【画像添付】をタップします。
2-4.表示された画面で【カメラロール】をタップします。
2-5.カメラで撮影した写真が一覧表示されますので、今写した写真をタップします。
2-6.以上の操作よって、フリーエリアのカメラで写した豆図が表示されました。、
       
 

工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ。
工事写真のアプライドオプトHOME-会社概要-製品情報-お申込み-お問合せ-リンク